音楽はどういう意味でしょうか?ただ、楽しむためだけですか?もちろん、音楽を楽しむことは良いですが、もっと深い意味があると思います。古代の哲学者プラトンによると、音楽の勉強は教育の基本とするはずです。音楽の調和を勉強する時、算数も勉強します。曲の歌詞を勉強する時、文学も勉強します。他の人と一緒に音楽を作る時、人との調和も習います。しかし、もう一つの意味があります。言葉は人間の全部の経験を表すには足りません。言葉より、音楽が人間の心に深く、直接に話します。心を貫いて、音楽は人間に宇宙を導く調和を教えることができます。詩篇の第148篇の作家はこの世を大きな聖歌隊と想像します。太陽、月、山、木は皆「主を讃えます」。今日一緒に集まることができず残念ですが、自宅でこのレインボー・コンサートを見て、謹聴して、音楽家に感謝して、この世を導く不思議な調和に参加しましょう。もちろん、楽しむことも忘れないで。