初めに神は天土地を創造された。地は混沌として、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。神は言われた「光あれ」。すると光があった。神は光を見て良しとされた。神は光と闇を分け、光を放ると呼び、闇を夜と呼ばれた。夕があり、朝があった。第一の日である。

創世記1:1〜

昨日は精霊降臨日だったので、なぜ私が特別にこの朗読を選んだのか?このテキストが何時、そしてなぜ書かられたかと考えたら良いと思います。

年代について、創世記第1章は多分キリストが生まれた前の6世紀〜3世紀ぐらい書かれました。創世記は全部同じ年代で書かれなくて、第1章はかなり最近の部分です。目的について、ユダヤ教の第二神殿の礼拝のための作です。(第一神殿はバビロニアのネブカドネザル2世がエルサレムを征服した時に壊されました。)

創世記第1章は科学の教科書ではありません。その様に読まれれば、すぐ困ると思います。何より大事に、誰がこの世を作ったか、そしてなぜ作ったかと言うことです。しかし、科学用語を使わなくても、世界がどうやって出来たかと表せます。

聖霊降臨日の文脈の中で、来週の三位一体主日を待っている間、このテキストを考えましょう。天と地、すなわち全てのものは、神の言葉と神の霊を通して創造されました。神が話して、何かが作られる、まずは光。ですけど、神が「話す」前、神の霊が「水の面を動いていた」と書いてあります。

その「霊」という言葉を少し考えましょう。旧約聖書はヘブライ語で書かれていました。「霊」に訳されたヘブライ語の元の言葉は「ルアク」です。「ルアク」と言うのは、二つの意味があります:一つ目の意味は「霊」ですが、二つ目は「息」です。新約聖書の作家は、この二つの意味をするヘブライ語の言葉をギリシャ語の同じ様な二つの意味を持つ「pneuma」という言葉に訳しました。日本語でも、英語でも、この二つの意味、すなわち「霊」と「息」を区別するが、聖書の作家の立場から見ると、霊と息は同じものでした。昔のユダヤ人の考え方によると、神の霊は神の息でした。

昔の人は、やっぱり、神様が肺と口を持っていルト考えっていませんでした。そういう意味よりむしろ、神の息、すなわち神の霊は、神の命を表すために使いました。同じように、神は声帯がないから、神が話すと、音が出るという意味よりむしろ、神の言葉は神の精神・意思・想像を意味します。聖霊とみ言葉の関係は、神の霊が神の創造する物を生きさせるという関係です。つまり、神様が創造したものは神様の(違う意味の)想像から存在を受けます。

気をつけないと行かないところがあります。創世記はやはりキリスト教よりずっと前のユダヤ教の作です。ユダヤ信仰は三位一体のことを信じません。ユダヤ教によると、神の言葉と神の霊は神から来て、神と別とのものです。キリスト教はユダヤ教と同じ神の言葉と霊を信じるけど、キリスト信仰の場合、父と言葉、すなわちみ子、と聖霊は一つだと思っています。キリスト教の唯一の点は、神の言葉が人間になったことです。その人間、主イエスは十字架の上から息を吐いて、神の霊を世の中に放したと信じています。

それなら、世の初めに命を与えた霊は、聖母マリアの子宮に命を与えた霊と同じ霊。主イエスが洗礼を受けた時、鳩の形で降った霊と同じ霊。主イエスが十字架から出した霊、復活してから弟子達の上に吐いた霊と同じ霊。弟子たちの上に炎と風の形に降った霊と同じ霊。世界中から集まった色々な人々が弟子の言ったことを自分の言語で聞かせた霊と同じ霊。全世界からの民族を一つの家族に集める霊と同じ霊。教会に命を与える霊と同じ霊だと思っていいます。

ですから、神様が世界を作る目的は、主イエスを世界に与える目的と同じです。その目的は、神様の永遠の喜びと命を私たちに与えるための欲です。神の霊は、神様の生きている言葉主イエスが表す愛の霊です。

その精霊を私たちの心に招きませんか?

Yesterday was Pentecost, so why this reading from scripture today? We need to think about when the text was written, and why.

As for the date of the passage, Genesis 1 was most likely written between 500 and 250 years before Christ was born. Genesis was not all written at the same time, and Genesis 1 is a fairly recent part. As for its purpose, it was written as a Jewish religious text for use in worship in the second temple in Jerusalem. The temple which Solmon built had been destroyed by King Nebuchadnezzar when Babylon conquered Jerusalem in 586 BC. 

Genesis 1 is not a science textbook. It is not meant to be a scientific treatise on the origins of the world. If we read it like that, we will get lost quickly. Most importantly, it tells us who made the world, and why. However, albeit not in scientific terms, Genesis also tells us how the world was made. 

Let’s think about this passage in the context of Pentecost, as we wait for Trinity Sunday. Heaven and earth, that is everything, is made by God’s Word and God’s Spirit. God speaks, and things are made. But before God speaks, gods spirit is moving over the water. Let’s think about that word “spirit” for a moment.

You probably know that the old Testament is written in Hebrew. The word translated as spirit in Hebrew is ruach. In Hebrew this word has two meanings: both “spirit” and “breath.” The new Testament writers wrote in Greek, and they used a Greek word, “pneuma,” which also has these two meanings, spirit and life. In English and in Japanese, we separate these two concepts into two separate words, but for the writers of the Bible, “spirit” and “breath” meant the same thing. To them, God’s spirit was God’s breath. 

Of course, God does not have lungs or a mouth. Rather, God’s breath, God’s spirit, is understood as the power of life in God. God does not have a vocal chords, so gods word does not make a sound. Rather, God’s word is God’s reason, mind and imagination.  The spirit or breath of God is what brings God’s imagination to life. We are living in the imagination of God.

But remember! This is a Jewish text, written before Christ. The Jews do not believe in the Holy Trinity. To them, God’s Word and God’s spirit are separate from God. Christians believe in the same Word and Spirit as the Jews, but Christians believe that the Father, the Word (or Son) and the Holy Spirit are One. The unique point of Christianity is the teaching that God’s Word became flesh as Jesus Christ and that he breathed out God’s spirit from the Cross. 

This gives the Spirit of God a new definition. The Spirit which gave life to the world is the same Spirit which gave life to the womb of the Blessed Virgin Mary, the same Spirit which descended on Jesus at his Baptism, the same Spirit which Jesus breathed out on the Cross, the same Spirit which Jesus breathed over the disciples after his Resurrection, the same Spirit which came to the Apostles like fire and wind. It is the same Spirit that made peoples of all nations able to understand each other’s languages, the same Spirit that brings people from all nations into one family, the same Spirit which gives life to the Church. 

For Christians, God’s purpose in creating the world is the same as God’s purpose in giving Christ to the world: his desire to give us a share in the everlasting joy of his infinite life. The Spirit of God is the Spirit of the love we see in Christ, his living Word.

Let us invite that Spirit into our hearts.