かつて、フランス人の哲学者サルトルは「L’infer, c’est les autres」、つまり「地獄は他人だ。」と言いました。しかし、私はそうではなく、イギリスの作家で『ナルニア国物語』の著者、C.S.Lewisが言い表す、「地獄は自分で作る牢獄であり、その鍵はドアの中にある。」という考え方のほうがずっと好きです。そうです、地獄とは自分の心を牢獄にしてしまうことにほかなりません。私たちを地獄に閉じ込めるのは神様ではなく、私たち自身なのです。そしてその一方で、私たち自身の心の中に牢獄の扉の鍵があります。その鍵は自分自身と他人との関係そのものであり、私たちの周囲にいる他人は「地獄」ではなくて、むしろ天国への鍵なのです。

さて、ここでいう「他人」とはいったい誰でしょうか? 主イエスは律法を次のようにまとめました、「神を愛し、自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ。」しかし、隣人を愛するのはそんなに難しくないでしょう。実は、ユダヤ教の律法は隣人に対する愛よりも厳しかったのです。そこには「あなた方の元に留まっている寄留者、-ここでは外国人といってもいいでしょう-は、あなた方にとってはイスラエル人と同じである」と書いてあります。この戒めは旧約聖書に36回以上も繰り返し登場します。

主イエスはこの厳しい戒めを超えて、「寄留者」だけではなく、敵も愛さなければならないと言われました。すなわち、私たちは神様の愛から誰をも締め出すことは禁じられています。もし人を嫌うなら、それは自分の心の中の地獄を作ってしまうことになります。そうではなく、神に与えられた愛を他人に与えられれば、私たちは神の国の民になります。隣人、他人、敵は皆、天国への鍵なのです。

古代イスラエル人は「難民」となる辛さをを十分に味わっていました。現在のユダヤ人もつい最近までそうです。アブラハムの時代から異住民であり、またエジプトで奴隷になり、エジプトからのがれてから、自らの首都エルサレムを外国で創立しました。その後バビロニア、ペルシャ、ギリシャ、ローマ帝国に征服されたため、ユダヤ人には西暦70年から、イスラエル建国の年、1948年までの実に長い年月、自分たちの国というものがありませんでした。「神様が選んだ民」は長い間、移住民と難民だったので、ユダヤ人は他の国に住んでいた時、大変に迫害されました。ユダヤの律法が「寄留者」を大事にするのは、そういう歴史の故かもしれません。

教会はユダヤ人を迫害したことがあるにもかかわらず、ユダヤの律法にある他人についての掟はキリスト教の伝統に影響を与えています。中世ヨーロッパの修道院には、「保護の十字架」というものがありました。保護を求めていた人は、たとえ罪びとであっても、その十字架に触れることで、修道者たちにかくまわれ、保護してもらえたのでした。アイルランドの修道院に行けば、今でもその『保護の十字架』を目にすることができます。

現在、難民は世界各国でこのような手厚いもてなしを受けているわけではありませんね。もてなしどころか、日々48000人もの人々が自分の国を追われています。そして8000万もの人々が生まれた国に戻れず、まさに他の国で保護を求めているのです。

多分皆さんは、ニュースなどで海上難民の映像を見たことがあるでしょう。彼らはアフリカ大陸からイタリアに向かうことが多いので、イギリスのニュースでもしばしばとりあげられます。その映像を見て、皆さんは何を頭に浮かべますか? 彼らはいったいどのような人たちだと思いますか? 国や納税者にとって負担となる存在なのか? 海外からのいらない宗教を持った、社会になじめない人たちなのか? あるいは脅威と感ずるか?

 不安を感ずるのは自然なことではありますが、そのニュース映像を見るとき、私たちはを忘れてしまうおそれがあります。それはちょうど、統計を読むときに、人を番号化してしまい、皆それぞれがひとり一人の人間であることを忘れてしまいがちなのと似ています。

難民たちが現実の人であることという大切な事実を忘れないため、ここで一つの例をご紹介することをお許しください。2年前のことですが、私はイギリス南東部にある
ウォルシンガムという村に行き、若者らの年次巡礼に加わりました。世界中の巡礼者が毎年この村に集まります。そこで、私はあるイラク人の執事に出会いました。名前をミランと言います。ミラン執事は難民ではありませんでしたが、ミラン執事の多くのイラク人の友達と親戚は、クリスチャンだったために迫害を受け、難民になりました。多くの家屋、店舗、そして教会が破壊されていました。女の人はテロリストに襲われ、戦争の後に妊娠して戻るようなありさまでした。キリスト教徒は6世紀からイラクに住んでいましたが、今ではあまりいません。自分の国と故郷から出て、好んで難民になりたがる人はいるはずもありませんが、彼らはどうしようもありませんでした。今、ミラン執事は司祭となって、自らの身に危険が及ぶにもかかわらず、母国に戻り、そこに残るイラク人クリスチャンのために働いています。

このイラクの例はひとつの例に過ぎませんが、今度、皆さんが難民の映像を見る機会には是非このミラン執事の経験を想像してほしいのです。

私たちはいったいどうしたらよいでしょうか? 

この礼拝の説教者として、私には政治的解決策を与えることはかないませんが、チャペルとして、今日はここで祈りを捧げる可能性は残されています。祈りながら、他人を愛してみようと約束できます。また、私たちの本当の国が天国なら、この世にいる時、私たちも実は移民、難民、外国人なのだと悟ることができます。私たちの本当の国への鍵は、飢えている人に食べ物をあげ、旅をしている人に宿を貸し、裸の人に服を着せることにほかなりません。

私たちの周りにいる他人は地獄ではなくて、天国への鍵だからです。 アーメン。

Sartre, the French philosopher, once said, “L’infer, c’est les autres,” or “Hell is other people.” But I much prefer the idea expressed by C.S. Lewis, the English writer and author of The Chronicles of Narnia: “Hell is a prison of your own making, and the key is in the door. I like this idea much better. Yes, hell is nothing more than a prison of our own minds. It is not God who locks us in hell, but ourselves. On the other hand, we have the key to the prison door in our own hearts. The key is the relationship between ourselves and others, and the others around us are not “hell” but rather the key to heaven.

So, who are the “others” in this context? The Lord Jesus summed up the law in this way: “Love God and love your neighbor as you love yourself. But it is not so difficult to love your neighbor, is it? In fact, the Jewish law was much stricter than love for one’s neighbor. It says, “The sojourner who stays with you – let’s call him a foreigner here – is the same as an Israelite to you. This commandment is repeated over 36 times in the Old Testament.

The Lord Jesus went beyond this strict commandment and said that we must love not only our “sojourners” but also our enemies. In other words, we are forbidden to shut anyone out of God’s love. If we hate others, we are creating hell in our own hearts. Rather, if we can give God-given love to others, we become people of God’s kingdom. Our neighbors, strangers, and enemies are all keys to heaven.

 

The ancient Israelites experienced the pain of being “refugees” all too well. The Jews of today are no different until recently. They were aliens from the time of Abraham, slaves in Egypt, and founded their own capital, Jerusalem, in a foreign country after they escaped from Egypt. After that, they were conquered by the Babylonian, Persian, Greek, and Roman empires, so the Jews had no country of their own for a very long time, from 70 A.D. to 1948, the year of the founding of the State of Israel. Since “God’s chosen people” had been immigrants and refugees for a long time, the Jews were very persecuted when they lived in other countries. Perhaps it is because of this history that the Jewish law values “sojourners”.

 

Despite the fact that the Church has persecuted Jews, the Jewish Law’s rules about strangers have influenced the Christian tradition. In the monasteries of medieval Europe, there was something called the Cross of Protection. Those who sought protection, even if they were sinners, could be sheltered and protected by the monks by touching the cross. If you go to any monastery in Ireland, you can still see the Cross of Protection.

 

Today, refugees do not receive this kind of hospitality in many countries around the world. Instead of hospitality, 48,000 people are forced to leave their countries every day. And as many as 80 million people are unable to return to their country of birth and are seeking protection in other countries. 

 

You have probably seen the images of refugees at sea on the news. You have probably seen the images of refugees at sea on the news, often from the African continent heading to Italy, which is often featured in the UK news. What comes to your mind when you see these images? What kind of people do you think they are? Are they a burden to the country and taxpayers? Are they unwanted religious people from abroad who don’t fit into society? Or do you see them as a threat?

 It is natural to feel uneasy, but when we watch the news footage, we may forget that. It’s just like when we read statistics, we tend to number people and forget that everyone is an individual.

 In order to remember the important fact that refugees are real people, please allow me to share an example here.

Two years ago, I went to Walsingham, a village in southeastern England, to join a group of young people on their annual pilgrimage. Pilgrims from all over the world gather in this village every year. There I met an Iraqi steward. His name was Miran. He was not a refugee, but many of his Iraqi friends and relatives were persecuted and became refugees because they were Christians. Many houses, stores, and churches had been destroyed. Women were attacked by terrorists and even became pregnant and returned after the war. Christians have lived in Iraq since the 6th century, but there are not many now. No one would want to leave their country and homeland and become a refugee by choice, but they couldn’t help themselves. Now, Steward Milan has become a priest, and despite the danger to himself, he has returned to his home country to work with the Iraqi Christians who remain there.

 

This is just one example, but I hope that the next time you see images of refugees, you will imagine what Steward Milan went through.

 

What should we do? 

As the preacher of this service, I can’t give you a political solution, but as a chapel, we have the possibility to pray here today. As we pray, we can promise to try to love others. We can also realize that if our true country is heaven, then we are actually immigrants, refugees, and foreigners when we are in this world. The key to our true country is nothing more than feeding the hungry, lending lodging to the traveling, and clothing the naked.

The strangers around us are not hell, but the key to heaven. Amen.