Jesus said to his disciples: ‘Do not judge, and you will not be judged; because the judgements you give are the judgements you will get, and the amount you measure out is the amount you will be given. Why do you observe the splinter in your brother’s eye and never notice the plank in your own? How dare you say to your brother, “Let me take the splinter out of your eye,” when all the time there is a plank in your own? Hypocrite! Take the plank out of your own eye first, and then you will see clearly enough to take the splinter out of your brother’s eye.’

Matthew 7:1-5

Out of all the four gospels, it is in Matthew’s Gospel that Jesus is presented foremost as a rabbi, a teacher of the Jewish law. Today’s passage follows a typical pattern of ancient Jewish argumentation: a heading followed by three examples.

How literally should we understand these words? In Matthew’s account of the Sermon on the Mount, Jesus tells us to tear out our eyes and cut off our hands to prevent scandal. Clearly these are hyperbole and are not meant to be taken literally.

So when Jesus says, “do not judge,” does he really mean that we should never judge anyone for anything at all? That everything is permissable? Some Christian groups do claim to understand Jesus’ words in this way, but even they will not permit certain things, and do cast judgment on those who oppose their idea of “justice.”

Rather, I think that the three sayings can be understood as follows. Christians are meant to be brothers and sisters, and should behave as such. Observing the splinter in your brother’s eye means talking about people behind their backs. Telling your brother to take the spinter out of his eye means being critical to him face-to-face. Finally, taking the plank out of your own eye means that you have to confess your own sins before you can judge other people for theirs. It is a a warning against hypocrisy.

We all pass judgment all the time. It is impossible to live without making judgments. But before we express those judgments, we need to think about them, to look within, and to make due confession of our own sins.

At the end of our lives, we will stand before one judge, our Lord Jesus Christ, and he will ask us, individually, how well we loved him in the poor, the troubled, and the vulnerable. We will be judged on our love by Love himself: but we can love only when our own hearts are healed and reconciled.

4つの福音書の中で、 イエス様がラビ(ユダヤ教の律法を教える人)として最もよく紹介されているのは、 マタイの福音書です。 今日の箇所は、 見出しの後に3つの例を挙げるという、 ラビの教えかたの伝統的な模範に従っています。 では、どのように解釈すればよいのでしょうか。 マタイの山上の説教の記録では、 イエスは罪を防ぐために、 目を引き裂き、 手を切り落とせ と言っています。 これらは明らかに誇張表現であり、 文字通りに受け取るべきものではありません。

では、イエスが「人を裁くな」と言ったとき、 それは本当に、 何があっても、 人を裁いてはいけない ということなのでしょうか? すべてが許される ということでしょうか? イエスの言葉をこのように理解している キリスト教団体もありますが、 彼らも あるものは 許さないし、 自分たちの考える「正義」に反対する人を 裁くこともあります。

この3つの例えは このように理解できるのではないでしょうか。クリスチャンは 兄弟であるべきだから、 そのように振る舞うべきである。

まず、兄弟の目の中の「おがくず」を観察することは、 人の陰口を言うことです。 それはダメです。

兄弟の目に刺さった「おがくず」を取るように言うのは、 面と向かって批判することを意味します。 それもダメです。

最後に、 「自分の目の中の板を取る」とは、 偽善に対する警告です。

人を判断しようとする時には、 まず、自分の罪をざんげこと を意味します。

私たちは皆、毎日、 判断を下しています。 判断しないで生きていくことは 無理です。 しかし、 判断する前に、 そのことについて考えて、 自分の心を見つめて、 自分の罪を きちんと ざんげする 必要があるのです。

人生の終わりに、 私たちは主イエス・キリストの前に立って、 貧しい人、 困っている人、 悩んでる人を どれだけ愛したか を個人的にに問われます。 私たちが、どのぐらい愛を与えたことによって、 愛という神の子に判断されます。 しかし、 私たちは自分の心が癒され、 和解して初めて 愛することができるのです。

主が教えられたように、 神に許せれますように 祈りましょう。